介護が必要ならデイサービスに行く時間があってもいいのでは?

 

介護が必要ならデイサービスに行く時間があってもいいのでは?

 

 

介護が必要な状況になったら、何も自宅で家族がつきっきりで面倒見るばかりではありません。

昨今はご家族の誰かが会社を辞めたり(介護離職)、短時間勤務に変えたり、転職したりなどという話をよく耳にしますが、デイサービスなどの介護施設に行くのも一つの手段です。

 

そのような介護施設には、介護福祉士さんはもちろん、食事を提供するのであれば栄養士さんがいますし、看護師さんも常駐しており、万一の時も安心です。

 

自宅から介護施設までの行き来には、施設側が無料で送迎してくれるところもたくさんあります。

 

費用についても国や自治体からの補助もありますので、経済的負担も軽減できます。

 

一度、相談窓口へ行かれるのもよいかと思います。

 

介護に関する達也さんの場合(老親介護の悩み)

 

介護に関する達也さんの場合(老親介護の悩み)

 

 

達也さんは現在40歳。入社後、K製作所に配属され、兄弟はいないが、両親を残し実家から離れることとなった。

父親は他界し、母親は一人暮らしをしていて、用事があるときのみ連絡を取り合っている状態であった。活動的な性格の母親は、趣味の旅行やフラダンスを楽しむなど、充実した毎日を過ごしているようだった。

ある日、旅行先で母親が倒れたとの連絡が入った。大事には至らなかったが、半身が不自由になリ、介護がなくては食事をすることなどの日常生活が送れない。これまでの一人暮らしを続けるのは難しい状態となった。退院する時期も迫リ、介護施設に預けるのか、引きまとめて仕事と介護を両立する方がよいのか、迷う達也さんであった。

 

あなたは今、生活に豊かさを感じていますか。

 

「はい」と答えた人も、「今この時」だけではなく、人生80年時代といわれる中で、これからの人生の全てのステージにおいて経済的にゆとりを持って暮らしていけるでしようか。

一度きりの人生をよリ良く生きたいと思うのは人間としての当然の願いです。

生きがいや幸せに満ち、そして経済的にもゆとりを持ってすべての人生を過ごせたらと願います。

 

一方、日本は世界に例のないスピードで高齢化社会に向かっています。高齢化社会への対応は国民全体が避けて通れない課題です。高齢化社会を乗り切るための国の社会保障制度は、現在の水準を維持するだけでも今後、大きな負担が求められてきます。そのため、現行からの転換を図るための、国民の理解と合意づくりに向けて進められています。

 

今、私たちにとって大切なことは、自分自身や家族の将来のイベントを家族との話し合いの中で予測し、それに対応する目標を設定し、人生のゴールである満ち足りた老後生活に向けて自分自身が準備し努力することです。

人生の折り返し点である40歳は、既に結婚や子供を授かりさらには住宅購入も終わっている方も多く、また定年までの残された時間からいって、実り多い老後生活に向けた準備を始めるには決して早くないスタートなのです。

将来のために、あなたや家族のライフサイクルに合わせた経済的なプランを立ててみましよう。

ここでは、あなたやあなたの家族のためのライフプランニングにあたリ、必要なプログラムと參考資料が用意してあります。生活環境は日々刻々と変化しますが、あなたの生活の基本となるライフサイクルプランを作成し、これをベースとしてご夫婦でよく話し合って実行に移して下さい。

これからの人生の舵を取るのはあなた自身です。

 

 

介護の悩み相談をご紹介

 

介護の悩み相談をご紹介

 

 

80代の実家の父親が病気で倒れ、介護が必要に。

自宅から実家は遠く、頻繁に行くこともできません。

実家の近くにいる兄弟は、あまり協力的ではありません。

今後どうしたらいいでしようか。

(60代男性)

 

・ご相談者様の物理的負担や心理的葛藤が大きくなりすぎず、ご家族の実情に合ったサボー卜をお父様にして差し上げられるようにするために、まずは、お住まいの自治体で介護保険を担当している課へ問い合わせましよう。

要介護認定の申請を行い、お父様の希望する介護の方法を確認、ご家族の希望も踏まえ自宅での介護か、施設での介護か、具体的な今後の方向性を一緒に考えます。

施設入所.居宅介護のどちらの場合も、ケアプランを作成する専門家(ケアマネージャー)と相談しながら具体的な方法を決めることができます。

ご家族は愛情と責任感から負担を抱え込みがちですが、地域のサボー卜資源を活用することで、介護する側、される側の双方にとってメリットになると考えましよう。

介護は家族だけで対応していくには限界があります。

ご自身だけで辛い気持ちを抱え込まず、地域のサボー卜機関に助けを求め、気持ちの負担や不安を少しでも和らげられるよう、介護制度を上手に和用しましよう。

 

介護リフォーム 上棟から竣土まで

介護リフォーム 上棟から竣土まで

工事後半の注意点

上棟が終わると工事は後半に入ります。
普段の生活で実際に触れる建具や各種設備、内外装などを確認しながら、いよいよ完成の瞬間を迎えます。

待ちに待ったマイホームが完成!

各種設備や建具の初期確認

構造部分のエがが済んだら、続いて係の工事が始まります。
この段階で、スイッチや各所のコンセントが使いやすい位取にあるかチエックしておけば、完成後に済みます。同じように、水道の給排水口やガス栓についても生活に支障がないか確認してください。

ドアや引き戸、窓サッシなどの開閉する仕切りを建具といいますが、建具の位置やサイズも見ておきましょう。

 

家の内外が完成間近に

建具が仕上がると、内装と外装です。
床のRやフローリングを敷いたり、天井や敬のクロスを張ったりと家の中が完成に近付いてきます。
フローリングの敷き方にムラがないか、クロスの色は合っているかなどを確認しましょう。
外焚はおもに外の状態をチェックします。
内外袈のあとはキッチンや浴室、卜イレ、照明など各種設備の工事です。
取り付け方の一致などを見ます。

建物の内外がひと通り終わると、最後に庭や柵といった外構の工事を行い、めでたく完成となります。

完成した家を最終チェック

工事が完了したら、すぐに施工業者と監理者は全行が正しく済んだかを検査します。
それから建て主と一緒に確認。この一連の確認作業を竣工検査といい、建て主立ち会いの検査は施主検査ともいいます。
手直しが必要なときは工事(検査後の追加のこと)をして、引き渡しとなります。

完了検査

竣工検査とは別に行う、建築確認を申請した自治体(または指定機関)による検査。
工事が完了して4日以内に届け出て検査を受ける。
検査済証の交付により名実ともに“住居”となる。

 

介護の相談はどこにすれば?

 

介護相談はどこにすれば?

 

 

今日は渡地の知人の体験談をご紹介します。

介護についてのご参考になれば幸いです。

 

 

88歳の父親が昨年転倒し、歩行困難となり、ベッド上での生活となっています。一年検診を受けたいのですが、連れていくことが困難です。検診に行く手段や何か検診に代わる方法などあれば教えてください。(50代女性)

 

 

お父様は、要介護認定を受けられ、担当のケアマネジャーもいらっしゃるとのことですので、通院手段として、介護タクシーの利用をおすすめしました。介護タクシーは、ホー厶ヘルパーの資格を持った運転手がタクシーの乗り降りや、病院での受付のお手伝いをします。タクシー料金は実費ですが、介護保険の訪問介護サービスに含まれます。利用につしてはケアマネジャーや、介護タクシーを運営している会社へお問い合わせください。それでも通院が難しい場合は、かかりつけ医にお父様の歩行困難な状況を説明し、「往診」を依頼しましょう。かかりつけ医が往診できない場合は、往診可能な医療機関を紹介してもらうことも1つの方法です。